ホワイトデーについての雑学

バレンタインデーのお返しをする日としてすっかり定着したホワイトデーですが、その始まりは諸説あります。
一説には全国飴菓子工業協同組合によって、1980年に日本で誕生しました。バレンタインデーから1ヵ月後の3月14日に、「バレンタインデーのお返しとしてキャンディを送ろう」と、お菓子業界が「ホワイトデー」を設定しました。3月14日前後が、日本ではじめて飴が作られた日でもあるそうです。
また、福岡市のお菓子屋「石村万盛堂」が1978年に、「バレンタインのお返しとしてマシュマロを送る日」として「マシュマロデー」として売り出したのが始まりという説もあります。
共通していえるのは、「バレンタインデーのお礼としてお菓子を贈る日」として、日本のお菓子業界が考え出したということです。
日本文化が伝わって、一部の東アジア地域ではホワイトデーが見れますが、欧米にはっきりとホワイトデーという行事はありません。

なぜ「ホワイト」になったのかも諸説ありますが、全国飴菓子工業協同組合が「清純な愛」のイメージに合う「ホワイト」を使った、というのが有力のようです。

このような経緯で生まれたホワイトデーですから、贈り物としてお菓子が選ばれるのは当然です。このお菓子にも意味があるようですが、この贈り物のお菓子の意味はいつ誰が決めたのか、はっきりとはわかりません。
また、マシュマロやキャンディにはありますが、和菓子やケーキにはありません。また、マカロンなどの比較的新しいお菓子にもありません。
最近ではお菓子だけに留まらず、アクセサリーや花をプレゼントすることも増えてきています。
「お返しをする日」ですから、このような意味に捉われず、相手の好みのものを返すのがいいかもしれません。

出産祝いを贈る時のポイント

出産祝いには、現金を贈る場合と品物を贈る場合があります。
現金の場合の目安としては、兄弟だと1万円、親戚だと5千円~1万円、友人・知人だと5千円程度が一般的となっています。
身内からの場合には、すぐに使えるものを贈るといいでしょう。ベビーベッドや寝具、宮参り用の祝着などを贈ることが多いようです。ベビーベッドなど産まれてすぐ使うものなどは、出産前に贈っても大丈夫です。
友人などに贈る品物としては、ベビー服やベビー靴などが多いようです。赤ちゃんはすぐに大きくなりますので、贈る時期よりも少し大きめのものを選ぶといいでしょう。また、おむつが入るママ用バッグやリュックを贈っても喜ばれます。また、仲間内でまとめて出産祝いを贈る方法もあります。
出産祝いで最も気をつけたいのが、渡す時期です。相手から来て欲しいとの要望があった場合以外では、なるべく入院中の病室には押しかけないようにします。自宅へ伺う場合は、産後2、3週間以降に伺うようにします。あらかじめ確認して、相手に無理のないよう配慮することが大切です。
贈る場合には、一般的には生後7日から1ヶ月ぐらいまでの間とされています。
また、贈る時期を逃してしまった場合でも、出産後半年以内であれば出産祝いとして贈っても大丈夫です。ただ、1年以上経過した場合は、出産祝いでは不自然となるため、誕生祝いとして贈りましょう。
せっかく心のこもった出産祝いを贈っても、マナーが間違っていては台無しになってしまいます。たとえ親しい友人であっても、マナーを守って贈ることが大切です。

【栄転祝い】贈り方マナー

栄転祝いを贈る場合のマナーをまとめてみました。

■栄転祝いのマナー
その人の栄転が決まった場合、それまでに送別会を開くことが慣例です。
その場合、本人は会費免除にし、他の出席者で割り勘にする会費制が一般的です。
ただし、社内に既に慣例化しているルールがある場合は、それに従ってください。

次に、栄転祝いとして金封を渡す場合、水引は「紅白蝶結び」のものを選びます。
ただし、関西では、目上の人へは状況を問わず、結びきりを使う場合もあります。
表書きは、「御祝」「御栄転御祝」「祝 御栄転」などと記入します。
自分の名前は、その水引きの下、そして真ん中に表書きより小さめに書いてください。

御祝金を渡す時期は、辞令が交付されてから最終出勤日までの間です。
しかしなるべく早い方がいいので、できれば2週間以内には相手に渡すようにしましょう。

また、御祝金を個人的に渡す場合は、人目につく社内で渡すことは避け、相手の自宅まで届ける方がいいでしょう。

もし、栄転祝いをもらう側になった場合には、基本的にお返しは不要です。
ただし、御祝金をもらった相手に対しては、必ず礼状、あるいは挨拶状へお礼のメッセージを添えるようにしましょう。

■栄転祝いの相場について
これは2000~2万円、とかなり幅があります。
付き合いの程度に合わせて用意しましょう。

■栄転祝いにおすすめの贈り物
もし栄転される方が目上の方ですと、本来は品物をお送りするのがマナーです。(ただし今は現金を贈られるケースもあるようです)
選ぶ品物としては、仕事で使えるようなもの、役立つようなものがおすすめです。
また、それ以外でも、その方の趣味に関わるものでもいいでしょう。
仲の良い間柄であれば、思い切って希望を聞いてみる、というのも一つの手です。

お中元、お歳暮を贈るには

お中元やお歳暮、シーズンになると百貨店やテレビCMなどで取り上げられるので、それを見てそろそろかと思う方も多いのではないでしょうか。
時期だから何となく選んでいるという方も多いと思いますが、やはり自分でも基本的なお中元やお歳暮の贈り方を知っていおたいですよね。

まず送る時期ですが、お中元7月初旬~15日まで、はお歳暮は12月13日~20日までが一般的です。
地域によっても異なる場合があるので、贈る相手の住んでいる場所に合わせた時期に贈るのが良いでしょう。

贈る際にも色々なマナーがあります。
まず最初に金額。最低でも3000円前後の物を選ぶと間違いないです。
あまり値段の安い物は避けるようにしましょう。
逆に高価すぎる物でも相手が遠慮してしまうのでいけません。
贈る相手の好みに合わせた物を選ぶと良いですが、好みがわからない時はお中元ならおそうめん、お歳暮ならハムなどが無難です。
お酒をたしなむか分からない方にビールを贈る、などは危険なのでやめましょう。

表書きにもルールがあります。お中元の場合、7月15日までは「御中元」、8月初旬までは「暑中御伺」、それより後に贈る場合は「残暑御伺」となります。
関西の方では時期が少し違うので注意が必要です。
お歳暮の場合は年内に贈るのなら「お歳暮」と書きます。
本来は年内に送るべきですが、年を越してしまった場合は、1月7日までは「御年賀」立春までは「寒中御見舞」と書きます。
贈る時期に合わせた表書きを選ぶようにしましょう。

本来なら直接相手を訪ねてお渡しするのが一番良いです。
しかし難しい場合は配送を頼みましょう。
相手の顔が見えないので、手紙などを同封すると気持ちが伝わり相手にも喜ばれます。
届く時期に合わせてお手紙を投函しても良いです。